部屋割り
日本旅館は、それぞれにお部屋のタイプが少しずつ違っている所が多いと思います。増築したり部分的に建て直したり、改装をしているからです。
日本旅館に泊まるお一部屋あたりのご人数も、二人だったり五人だったりといろいろ。そのためにお部屋割りは、特に混み合うような土曜日などは、ぎりぎりまでの調整が必要となります。紋屋の場合、お部屋タイプは、バストイレ付きとバス無しトイレ付きとの区別をさせていただいています。ホームページにも書かせて頂いていますが、トイレ付きのお部屋の中には、旧式な部屋タイプも含まれてきます。
バス付きでも離れと彩り亭とがあり、同じ彩亭でも窓が開くタイプと開かないタイプとがあります。離れは3部屋ですが、一部屋だけ少し広く、広縁のあるお部屋になっています。
紋屋にはエレベーターはありませんが、3階4階は特別に景色がよく、トイレや洗面所がかなり清潔感あるタイプとなっています。部屋の大きさも10畳間が多いのですが、中には更に広い部屋もあります。旧式な部屋には一部屋だけ6畳間が、他に8畳間が三部屋あります。そして和式トイレの部屋も、二部屋だけ残っています。
最近のご予約はぎりぎり前の日とか当日という場合も多く、お部屋割りは非常に神経を使います。旅行エージェントの商品は、部屋タイプが指定されているものもありますし、また値段もいろいろなのです。
ホームページでもご案内していますが、エレベーターのない紋屋では、特別足が悪い方はできる範囲で下層階をご用意しています。しかし、いらっしゃるまで分からない場合は、お越しになってからお部屋移動も少なくありません。どうしてもお部屋移動が出来ない場合も発生することがあります。
ご到着してから足が悪い方がいらっしゃると伺って、お部屋を替えたら、そのもともとのお部屋だった方も足が悪かったりして、とにかくお部屋わりは悩みの種です。
先日もそうしたケースがあり、4階のお部屋になってしまったお客様のお部屋へお詫びに伺いました。でもそのお客様は、大変お優しい方でした。お年よりのお母様と息子さんご夫婦だったのですが、お母様が高い所が好きだとおっしゃってくださったのです。「このお部屋からの眺めが最高だから、今度来る時は、またこのお部屋でお願いします。」と。本当に何て申し上げてよいやら、ありがたいその日の出来事でした。紋屋では、手作業で配置表という当日の部屋割り一覧表を作成していますが、何部屋も移動になると消して書き直しの繰り返しです。そうでなくても様々なお客様のご要望を出来る範囲でお受けしているので、本当に準備が大変となります。
ご予約の順番も大きくお部屋割りには関係してきます。早くからご予約を入れてくださったお客様は、極力いいお部屋にお入れするようにします。滅多に無い事ですが、万が一オーバーブッキングした場合も、一番遅くご予約を頂いたお客様に、大変申し訳ないのですが、他の宿をご紹介しています。
ご予約の時にお部屋割りを聞かれることがありますが、そのような訳でなかなかお部屋割りは簡単には出来ません。海側でないお部屋を持っている旅館さんなどは、きっともっと悩むでしょう。もちろんお値段も違うでしょうが。
お部屋にこだわる方は、お部屋の条件やランクなどを良く聞かれて、お値段は少し高くなってもご要望をしっかりお申し付けください。
トイレのシャワートイレのご要望も多くなってきています。宿屋は滞在時間が長いために、どうしても快適性を望まれますね。少しずつ毎年シャワートイレ化も進めていますが、何もかもがご要望どおりというのは、難しいところです。離れがよいというご指定も良く頂戴します。しかし紋屋の離れは3室しかありませんし、1階のため目隠しの植木などで景色が見づらいという難点があります。3,4階はお部屋もまずまずですし眺望は最高です。しかし、エレベーターがありません。彩り亭は一面ガラスでステキですが、窓が開かなかったり、窓際にイステーブルがおいて無い部屋タイプです。お部屋が空いている時は、お気に召さない場合は何度でもお部屋の変更をいたしますが、お部屋がいっぱいの時は、到着したお時間やその他の事情でお部屋替えをして差し上げる事が出来ません。
どこの宿屋もきっとそれぞれお部屋の利点と難点があるでしょう。それらとお客様のご要望や条件を合わせ、お部屋割りを作成していくのです。皆様も是非、宿屋によってはそうした施設事情があることをご理解いただき、事前によくお問合せをされてご予約をなさってください。宿側は、どのお客様も大切であり、どのお客様のご希望も叶えて差し上げたいと、そう思っているのですから。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
◆素顔の女将◆
火星に到着したNASAの探査機と通信が途絶えているという。「火星人がいたんじゃないの?」と家内をからかうと、「やっぱり火星人はいたんだ!」と家内は力説する。そんな思い込みをする家内が、私にとっては宇宙人です(笑)(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら