館内イベント
皆さま、あけましておめでとうございます。ゆっくりとお正月をお過ごしいただけましたか。今年一年も、よろしくお願いいたします。1年半以上前から、館内で何かイベントが出来ないものだろうかと考えてきました。たとえば、写真展とかお花の個展、コンサートとか。
旅館では、食事の時間やお布団が敷かれる時間も何かと早く、ちょっと手持ち無沙汰な感じがします。いつもと違うゆっくりとした時間を過ごすことで、なお疲れは取れます。でも、そのゆったりとした時間プラスちょっと楽しい時間があったほうが、尚一層思い出に残りそうです。
図書室やオーディオを楽しめる部屋、または館内の展示物などが目を楽しませてくれれば、その旅館の個性やポリシーも伝わりそうですよね。山あいのホテルなどでは、早朝のお散歩を案内してくれたり、夜はソムリエがワインの講座を開いてくれたりします。私達が秋に訪れたホテルでも、ロビーでミニコンサートが開かれていました。
写真展ならそれほどお金をかけなくても出来るかもしれないと、一度知人に聞いてみたのですが、フレーム代だけで数十万になってしまうと言う見積もりでした。
地元に、ビーチグラスや貝でアクセサリーを作っている人がいて、簡単な講習などを夏に行ってみては?と一昨年前に聞いてみたのですが、まだお子さんが小さいのと、かなりの注文をあちらこちらから頂いていて、生産が間に合わないと言う事でした。
プロの音楽家を呼べばかなりのコストがかかってしまうでしょうし、本来は、自分達でイベントが出来れば最高ですね。
自分が持っている特技を会社の中で生かし、それを生きがいや会社でのやりがいにつなげていければ、これほどいいことはありません。紋屋では、長い間コーヒー屋さんの店長をしていた社員がコーヒー教室を開き、皆様に美味しいコーヒーをご提供しながら、入れ方をお教えしました。
無料なのでコーヒー好きには喜ばれています。本人もコーヒーの事となると、急にうるさくなる人なので、コーヒー教室の次の日は、休みでも出勤して、お客様のご感想をお聞きしています。その姿は何ともほほえましい感じがします。
また、地元の民話を分かりやすいお話に替えて、紙芝居にする。絵も自分達で作ろうということで、今準備しています。子供に話し掛けるのが、特別好きな従業員がいるからです。お子様連れにやさしい紋屋としては、是非早く実現したいものですね。たまたま12月の終わり頃に、知り合いでギターがかなり上手な人がいる。と言う話を社員から聞きました。プロではないのですが、腕前は確かだと言うことでした。
お呼びするのに実際どれくらいするのか、またお呼びして聴衆がどれくらい来てくれるのか、反応はどうなのか。心配はつきません。
とりあえず紋屋にお越しいただいて、私自身がその方のギターを聞いてみる事にしました。
クラシックがもともと好きですが、あまりギターのソロは聞いた事はありません。それでも、ギターがかなり良い音色だったことと、お人柄も好感が持てる方だったこと、そして演奏もなかなか聴きごたえがあったので、早速お願いする事にしました。誰も来なかったら、失礼になります。ドキドキしながらその時を待ちました。ところが心配をよそに、かなり早い時間からお客様が集まり始めました。最初は4~5人でしたが、結局27人ものお客様が聴きに来てくださいました。
初めてのことでしたので、マイクの用意をしなかったのは失敗でした。曲目の説明が後ろまでは充分聞こえなかったこと、宴会場に忘年会のお客様の大声が響いていて落ち着かなかったこと。エアコンの音にもかなり邪魔された事など、反省材料はたくさん出来ました。
でも、皆さま楽しんでいただけたようで、アンコールの声があがり、それに応えて頂きました。曲についての質問も飛び、皆さん熱心に耳を傾けていただいて、きっと演奏者も気持ちが良かった事と思います。次の日のアンケートにも、ずいぶんとコンサートが良かったと書かれてありました。本来は、もう少し良い音響でミニコンサートを開きたいですが、とにかく初めてで大勢にお越しいただいて、感激しきりでした。これからも時々、お越しいただいてコンサートを開催し、活気にあふれる紋屋の夜にしたいと思います。
コーヒー教室・紙芝居、その他にももしかしたらさまざまな分野で、イベントを計画できるかもしれません。灯台下暗しと言いますが、もしかしたらすごく近くに光るものがあって、気がつかないだけかもしれないのです。
ご期待くださいね。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
◆素顔の女将◆
亡父に似て、私は笑うと目じりが皺だらけになる。改めてその皺をしげしげと見ていた家内は、「すごい!扇形のシワ!ステキ!」と誉めるが、目じりのシワは放射線状にはなるが、扇形のシワなんぞ出来ん! 花粉症でマスクをしているとステキと言ったり、扇形のシワが出来るとステキと言ったり、ほんとにステキと思っているのかぁ!?(by aruji)*久々にあるじの正体*
夕食時にみんなでテレビを観ていると、写真家の岩合さんが中国でパンダの親子を追いかけていた。シロクマ好きな私に対して、あるじは「パンダってほぼシロクマだよね」 息子もそれに合わせて「比較的シロクマ」とか「割合シロクマ」。果ては「シロクマってパンダが美白した奴だ」と二人してシロクマ好きな私をからかって遊ぶ。ほんとに親子して人が悪い!(by okami)

ご予約・プラン紹介はこちら