田舎の恐怖!?
私達の自宅は、旅館から車で6、7分のところにあります。住所上は「市」なんですが、秋冬になると、午後5時頃から懐中電灯がないと歩けないくらい真っ暗です。旅館のある白浜は30分置きに路線バスは出ているんですが、自宅の前は、バスも一日に数便しか走っていないので、ドライバ-ライセンスが無い私は、主人が居ないと何処へも行けません。それくらい大変な過疎地です。すぐ近くに小学校がありますが、1学年の生徒数が数人づつしかいません。周囲は田畑で、回りは農家ばかり。皆さん朝が早いので、回覧板が午前6時30分に来たこともありました。数年前までは、自宅にも蛍やカブト虫が入ってきたとか。
こちらに来てから数週間たった頃、自宅に私が嫌いな虫が出たのです。南房総にいる特有の15cm程もある、オレンジと黒の大きなムカデです。 歩くのも早く、その色の毒々しいこと。何てグロテスクなんでしょう!私は書いてある文字を読むのも、声に出して言われるのも、鳥肌になってしまうほどその類いの虫が嫌いなので、死ぬほどビックリ仰天してしまいました。それから程なく、その子供(と言っても細いだけで長さはやはり10cm位)が寝室に出たのです。もうその時は、房総に嫁いできたのは失敗だったと大騒ぎをして、主人をシュンとさせてしまいました。今では私が叫べば、子どもたちが虫退治に飛んで来てくれます。
でもその後、主人は私が眠ってはいけない時になると、「一言で目を覚ましてあげようか」と私を脅かします。そう言われただけで、先を想像して目が覚めてしまいます。皆様も私の側で虫の話しをしないようにお願いしたいと思います。
紋屋でも海がすぐ前なので、時々小さなカニが館内を歩いていたりします。私も初めて見た時は、「カワイイ!!」なんて感激しました。でも大きくなると天井近くまで壁を登っていくので、まるでクモのようです。夏休み中は、お子様連れが多く、「カニがこんなに取れたんだよぉ」と目を輝かせて私に見せてくれます。魚釣りが好きな方、貝やカニが取りたい方、磯遊びには絶好の場所です。
是非一度お運びください。◆素顔の女将◆
家内と東京ディズニ-ランドでビッグサンダ-マウンテンに乗った。
動き出した途端、出発地に戻るまでずっと私の足を踏ん付けていた。
重かった。
(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら