マナーモード
皆さん、電車やバスに乗ると、
    『携帯電話をお持ちのかたにお願い申し上げます。』

と言うアナウンスを聞いたことがあると思います。

    『シルバーシートの近くの方は、電源をお切りください。
     その他のかたは、マナーモードにお切り替えの上、
     通話は他の方にご迷惑をかける場合がありますので、
     極力ご遠慮ください。』

聞きなれたアナウンスです。ところがそのアナウンスを聞いても、一向に改善の兆しがないのはどうしてなのでしょう。もちろん、どうしても電話に出なけ ればならない場合もあるかとは思います。それでも大声や着信音は厳禁だと思うのですが、いかがでしょうか。

私は、事務所では着信音を消していませんが、外へ出かけ、電車やバスに乗る時や大勢の人が集まる場所では100パーセントマナーモードにしています。

ところが、電車やバスに乗ると、着信音があっちからもこっちからもけたたましく鳴ります。マナーモードにする仕方は、どこのメーカーでもごく簡単に出 来るように設定されています。

ご年配で、どうしても覚えられないかたは、電源を切ってしまうなり方法はあるはずです。ほとんどの方は、まったく他人に気を使っていないのが実情。 アナウンスをどのように聞いているのでしょうか。

最近、自分のことだけしか考えていない方々が、とても多いような気がしてな りません。



レストラン等の飲食店に、食べ物や飲み物を持参して飲食しない。それは当然のことであり、お食事の提供をしていただいている人達への礼儀です。

ときどき、飲食店などで、『食べ物のお持込みは固くお断りします。』と書いてある張り紙を見て、そんな人がいるの?と不思議に思っていましたが、やは りいるのでしょうね。

紋屋でも先日、本当に悪気なしに、「今日は記念日でワインを持ってきたので、 グラスを二つください。」と言われて、内心がっかりしました。ホテルの部屋 だと持ち込みが出来るので、部屋出しの旅館も同一視している方が多いのです。

チェックイン時に、記念日だからといわれたので黙っていましたが、最近は持 ち込みがルール違反と知っていても、堂々と平気な方が増えて、電車内の携帯 電話と同じだなと思います。



        知っていても悪びれない方。

        持ち込みは当然だと思っている方。

こちらとしてはほとんど諦めていますが、それで良いのかなと思います。


私ものどが乾くので、必ず外へ行くときペットボトルに入った飲料を持参しています。でも、その残りを持ちこむことはあっても、何本も買って持ちこむことはしません。

ましてアルコール類、ワインとか日本酒の類、中には外でバーベキューをした残りの材料を持ちこむなどということは、考えられないことです。


紋屋では、季節によってお得なプライスプランを時々ご用意します。宴会場食で他の皆さんと一緒に召し上がっていただくのです。

ところがそう言うお客様に限って、多量のお飲み物を持参します。1メートル半くらいの長さの、巨大なクーラーボックスをお持ちになり、それを部屋まで運んだ係は憮然としていました。宴会場食なのに、いつそんなにたくさん飲むのでしょうか。

私達に隠れてワインや日本酒を持ち込み、こそこそとお飲みになるのも、こちらも見て見ぬふりをするのも、お互いに良い心地はしないような気がするのですが、いかがでしょうか。

本来、飲食店に飲料を持ちこんだ場合、当然持ちこみ料金がかかります。常識がないといえばそれまでですが、今の時代、そう言うことが多いという気持ちがします。


確かに、ホテルでは部屋の中では飲食可能です。でも、ホテルのレストランでは認められていません。旅館でお部屋出しであれば、それはホテルの部屋とは違います。

もちろん、お祝いの席などで、どうしても自分の気にいったお酒があるので、持ちこんでも良いでしょうかときかれれば、「特別に」と申し上げることもあるのです。



みんなで渡れば怖くない信号と同じように、どうも、みんなやっているからと言うことが多いように思います。

駅構内などにあるチップ制トイレでも、チップですから必須ではないですが、余りにも払わない人が多いです。

私が払って、硬貨が落ちる音がチリンとすると、廻りの人が一瞬びくっとするのが分かります。びくっとするのは、チップ制トイレだと分かっているのに、払っていないからです。

そこに時々清掃員が立っていると、ほとんどの人が、きちんと払っていきます。
なんか、こっけいですね。

自分のポリシーをしっかり持ち、サービスする側もされる側も、気持ち良く過ごしたいものです。


   どの場面でもマナーを守り、自分の姿勢を守って行きましょう。

   いつも自分らしいマナーモードで。

--------------------------------------------------------------------------------
◆素顔の女将◆
先日の22日は、私たちの再婚記念日。今年で10周年となった。お互い10歳年を取った訳だが、家内のお客様に対する思いは、新米女将の頃と変わらないよう
に思う。このまま変わらずにいてね。(^_-)                              (by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら