◇何をすれば◇
世界的不景気。

毎日テレビでいろいろなお得情報や値引き合戦、ちょっぴりサービスなんて言うものを紹介しています。

私も、雨の日サービスやデパートのようにポイントためる形式を考えたことがあります。

でも、今ポイントカードは山のようにあってお財布があふれそうですし、時々しか行かない宿のポイントカードなんて、持って歩かないですよね。

雨の日だって、いろいろな地方からお越しになりますし、雨が旅行動機になるなんてありえないです。

「これだ!」というものがすぐ見つかれば、どこだってやります。


今、旅館業は非常に厳しい状況です。

旅館さんによっては、平日は休業して農業しているおうちもあるそうです。それでも頑張って業績を増やしているところは、地道な努力の集大成。

その結果が実っているのだと思います。


紋屋は、まだまだ努力が足りませんが、先日大変感動的なご感想をネット上で頂きました。

下記の内容です。


----------------------------------------------------------

『とにかく素晴らしい!の一言です。

言葉で伝えるのは非常に難しいのですが、
このような素晴らしい「おもてなしの「心」を大切にした宿には、2度と出会えないでしょう。それほど素晴らしかったのです。

具体的には

1.食事
2.部屋からの眺望
3.館内の雰囲気
4.従業員の方々のお心遣い


■ 食 事 ■

食事はこんなに感動したことは無いほど感動しました。
食材がとにかく新鮮で、その新鮮な素材の良さを
最大限に引き出した、余計に手を加えない、
でも加えるところは惜しみなく加える。

そんなプロの「料理人魂」さえ感じるようなお宿でした。

■ 眺 望 ■

目の前が海ですし、1日中窓辺に座ってぼーっとしていても良いくらい癒されました。


■ 館内の雰囲気 ■

至るところに「気遣い」「気配り」が行き届き
一つの不満も見当たりませんでした。


■ 従業員 ■

押しつけがましくなく、しかもマニュアルどおりでない応対がどうしてここまで徹底して出来るのだろう。

おかみのお人柄が窺える、癒されるお宿でした。
それもさりげなく、でも深く感動を与えるような「サービス」を提供してくれます。

大切な人がいる方は、その方を是非、連れてってあげて欲しいです。』


----------------------------------------------------------

こんなに素晴らしいアンケートは、今までにも無いかもしれないと思えました。

特別何かしたかというと、特には無いのです。
ご主人のお誕生日だったので、気持ちばかりのプレゼントを差し上げたくらいです。

あとは、もともとメッセージで、ご主人が色々仕事上辛いことがあって、お疲れ気味。

大好きな海を見せて癒してあげたい、と書かれていたことを常に頭にいれて、
おもてなししていたということだけです。


確かにご主人様は、意気揚々といらした奥様に比べると、かなり元気無く見えました。

食事処にいらした時も、ご主人は今一な心境に思えました。

蛍観賞に行かれることになっていましたが、なんとなく奥様につれだされてきたというイメージです。


でも、食事が進むにつれ、やや表情が和らいでくるのが分かりました。
奥様は、料理をとても誉めてくださいます。

お出しした料理は、通常の料理です。
特に料理に力を入れたプランでもありませんでした。

ほかのこの価格帯の旅館に比べると、いくらか普通の献立とは違うと思いますが、まだまだ努力不足だと自覚しています。


それでもこんなにお褒め頂き、


「このお料理で来る方もあるんでしょうね。」
とおっしゃって下さいます。

「今年は厳しいですよ」というと、

「こんなにお料理が美味しくて、
こんなに笑顔があふれていてもですか?」
と不思議がってくださる。

「うちは、施設も新しくないですしね」というと

「でも、今まで行った中で一番ですよ」と。


ご主人さまは、相変わらず口数少なかったですが、料理は美味しく召し上がれた様子。

表情がとてもにこやかになっていきました。


お口に合った美味しい食事は、人を幸せにするんですね。


チェックイン時は仏頂面でも、食事が進むにつれて段々表情が和らぎ、豊かになってくる。

そういうことはよくあります。

今までだったら、お部屋にはご挨拶は遠慮しただろうなと思えるお客様でも、お食事が美味しいとお話も気軽にしてくださり、段々お顔の表情がにこやかになるのです。

逆だと、表情は硬くなる。それは紋屋の主もそうです。


このご時世、旅行や外食など、なるべく不必要なものは避けようとする傾向にありますが、単純に安いとか、お得というものばかりではなく、毎月ではないまでも、たまには家庭では味わえないものをとことん味わってみる。

そうすると気持ちも元気になるのではと感じました。



それにしても、
このお客様のアンケートのお言葉は素晴らしい賞賛で、そこまでのお料理だろうか、そこまでのおもてなしだろうかと考えてしまいました。



何も特別なことをしなくても、

心を配るだけで人の気持ちをやさしく幸せにできるんですね。

だからこそ、


この不況下で小さな努力を日々積み上げていくこと。

毎日の作業に追われるだけで終わらないように、と考えました。

小さな努力、小さな気づき、いつも先に進みたいです。



今回のお客様は、
私達へ幸せな気持ちも逆にプレゼントして下さったのでした。


何をすればいいのか。


いつも立ち止まらずに行きたいと思います。




--------------------------------------------------------------------------------
◆素顔の女将◆
最近では、医療技術の進歩でペットの犬が長生きするようになり、飼い主が老犬介護の時代になったとTVで放映していた。

愛犬も17、8年生きるとると、人間年齢では80歳過ぎ。
介護の問題も出てくるのだろう。

その番組に出てきた犬を見ながら家内は、

「犬は年取っても、シワにならないのね」と、一言。

あの~、番組の主旨とまるで違うご感想なんですけど...(^^;)


(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら