◇ 地震の日 ◇
皆様、ご無事でしょうか?

紋屋は珍しくすごく揺れましたが、地震による被害は全くありませんでした。

それでも、何時もほとんど揺れない強い岩盤の上に建つ紋屋が、こんなに揺れるのだから、これは大変なことになるだろうと、胸騒ぎがして苦しくなりました。

テレビで大津波警報やら避難指示などという警告が出て、電話も繋がらないため、被害が出ていると思いこんでいる方も多いようです。

お見舞いを下さった方、ありがとうございます。
先週泊まられた方からも、心配のお電話を頂きました。
本当にありがとうございました。

そして、今回の地震に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。
早く日常の生活に戻れるよう祈るばかりです。

私の東北にいる友人とは、まだ連絡が取れておりません。
東京の実家さえ、まだ電話は繋がりません。

私の息子の一人は、東京の泉岳寺から西船橋まで、徒歩で帰宅しました。
都会はとにかく災害に弱い。それを目の当たりにした思いです。

東京に大地震がきたらどうなってしまうのでしょう?

紋屋は無事。

何とも無くても、お客様自体に被害は無くても、やはり旅行気分はどこか遠くへ行ってしまい、キャンセルが続出。
昨日から連泊のお客様だけが、残りました。
この状況はしばらく続きそうです。

今日のNHKのテレビ欄は、すべてニュース。
確かに地震以外のお笑い番組とかバラエティーとかドラマとか、観る空気でもなくなりますね。

昨日、御自宅に帰れなかった皆様も多いことと思います。
私もよく東京へ行くので、昨日が東京でなくて良かったと思いました。

私自身、東京へ行くときは、歩いて自宅へ帰るための地図、というものを持っていきます。

足の悪い私は、15分も歩けば、もう歩けませんが、どこに学校があるとか、何時も認識しておく必要があると考えます。

ほんの少しの飲料水やチョコレートなど、とりあえず1日を過ごせる食糧を少しでも持っていることも重要。

地震が多い日本にいることを何時も認識して、通勤途中や良く行く場所の下調べをしておくことも大切ですね。

「災いは、忘れた頃にやって来る」


誠にそのとおり。危機管理は常に必要ですね。

このような災害が発生すると、原発に重大な事故が起きる。
それを考えると、原発そのものもどうなのだろうと思います。

寒いときですと、暖を取ることも必要。持ち物が多くなりそうですね。

皆様の御自宅には、飲料水や、トイレを流すためのため水やラジオ、電灯などはありますか? 私ももう一度確認しようと思います。

今回は、通常のメルマガを書くような状況ではないので、皆様へのお見舞いと、頂いたお見舞いへのお礼を文章にさせていただきました。

どうか、少しでも多くの方の命が助かりますように。

--------------------------------------------------------------------------------

◆素顔の女将◆

地震はいつ来るか判らない。人の運命も明日をも知れない。

「だから夫婦仲良くして過ごそう」と家内は言う。

ほんとにそうだね。


(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら