◇ 素泊まりと1泊朝食のニーズ ◇

日本の旅館では、ほとんどのところが1泊2食付き。泊食分離していません。
専門家の中には、それが問題だという方もあり、確かに考えてみる価値はあるかもしれません。

でも、いまだに多くの旅館が1泊2食の形態を取っているのは、
そのほうが私達にとって利点があるというより、
お客様にとって、結果的にお安くゆっくりと
召しあがっていただけるからです。

ホテルの場合は、お部屋代とレストランでのお食事代。

食事のたびにいちいち着替えが必要ですし、
結構ホテル内のレストランは高価で、
合算してみるとかえって割高になったりします。

外に山ほど食べに行ける立地にあるホテルは、特に食事にこだわることもないのでしょうが、紋屋のように、外は6時にはほとんどの店がしまってしまうような立地の場合、やはり宿内で召しあがっていただくのがお得だと私は思います。

それでも、なんとか値段の幅を広くするために、
旧式な部屋で素泊まり一人5000円というものや、
眺望の良い部屋で1泊朝食7000円など、
そのほかにもいろいろお値ごろ感のあるプランもそろえました。

南房総では、大型ホテルが大広間でバイキング形式をとり、安さを売りにしているところは結構あります。

安いことだけが目的だったら、うちの素泊まりなどはお得感はあまりないような気がするのですが、思いの他そのニーズがあるのには驚かされます。

要するに、安く泊まりたいだけではないですね。

良くは分かりませんが、大型ホテルのざわざわ感が嫌いとか、バイキングの冷凍食品には飽きたとか、なにか理由があってうちの素泊まりや1泊朝食などを選択なさるのです。
かなり不思議な気持ちです。

用意周到にこちらへお越しの前に夕食を済ませていらっしゃる方もあれば、数少ない開いている店を探してお出かけの方もある。
中には遅くにご到着して、「こちらで今から食事できますか?」と聞いて来るお客様もいらして、なんでこのプランなのか、分からなくなるお客様もいらっしゃいます。

宿としては、部屋を空けておくよりは素泊まりでも入っているほうが良い。
なので、ご予約が少ない日は、夏休み中でもそのニーズをお受けするようにしています。
こちらとしては、非常に気が楽で、ある意味有り難いお客様です。

ただ、どうして紋屋にそのニーズがあるのかが、私にはどうしても分からないでいます。
車の中で寝るよりは、宿のほうが良いとか、別に何か目的があるとか、宿のあり方は、これから少しづつ変わっていくのかもしれませんね。

0泊2食も、そんな考えから生まれたのですが、こちらのプランも結構人気です。
気軽に温泉気分というのは、介護やペットの面倒など、泊まれない事情のある方には魅力なのですね。

私が以前から温めているプランもあるのですが、どうしても、ネットの予約フォームにはめ込むことが出来なくて、諦めてきました。
でも、電話でご予約を頂いても良いのでは?と思い始めました。

ご昼食やご夕食も、長い滞在時間のものが時々売れています。
よく頭を柔らかくして、いろいろなケースをこちらが提案をしていくのも一つです。
世の中はどんどん変わっていくのですから。

紋屋はプールもないですし、ゲームセンターもありません。
ですから新規のそういうニーズのお客様にはうけません。

ですが、テーブルゲームがあったり、貸出しの絵本があったり、またエレベーターがなくて階段を家族で一段一段降りたりあがったり、スタッフがあたたかくお声をかけることなど、そうした小さな積み重ねが、紋屋を支持してくださるお客様にはうけがいいのです。
この古い建物が、最近、人間らしい温もりを感じるのにあっているような気もするのです。

天候によっては、また今年のように放射能が気になる方は、プールがあると良いのでしょう。
でも私は、プールは紋屋になくてよかったと思うのです。
そういう宿ではないかなと。

いつも創意工夫を凝らした料理。
宿泊スタイルの提案もいろいろ。
でも、宿の空気はアットホーム。
どこか昔懐かしい空気…

そんな真逆なところが、紋屋の魅力です。

いつも、ヒントはお客様から頂いている私。
これからもたくさんお声を頂戴したいと思います。
よろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------------------

◆素顔の女将◆

最近、自宅周辺は朝夕かなり涼しくなってきたので、エアコンなしでもけっこう凌げるが、少し前まではかなり暑かった。
自分達の体温も結構高いようで、手で触られると熱くてかなり迷惑(>_<)

それなのに、夫婦してお互いに相手に触って、
「ジュ~~」と焼ける音を出し、暑がって過ごす夏の夜

どこか変な夫婦ではある(笑)

(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら