◇ 口コミは主観です ◇

お正月早々に、食べログの偽口コミの話が、ニュースをにぎわしていました。

もう数年前からやらせの口コミは存在しており、専門の業者ではなくても、自分の店の評価を高くしようと操作しているところは
ずいぶんとあるそうです。

それを信じてその店に行く方々は被害者ですが、
そろそろ口コミというものがこの世に出て長くなりましたから、
店のレベルを探る手段を、替えてみるのも一つだと思います。

昔は口コミなどというものはなかったので、何かと店自体が作ったホームページそのものを、実際よりも良く作り、騙したもの勝ちと言う感じが確かにありました。

私はそれが大嫌いで、紋屋のホームページに「お許し下さい」
という、紋屋の至らない点を載せたページを作りました。
その当時、マイナス情報を載せることは結構画期的であり、
同業やネット関係者のみならず多くの方々が、
そんなことまで書いて大丈夫なのかと心配しました。

今は、口コミでなんでも書かれてしまう時代なので、悪いことを隠しても無駄な努力の部分もありますが、その「口コミ」なるもの、すごく人に寄って千差万別だと思いませんか?

男女の違い・年齢・職種・気分でも大分違いがあると思います。

旅館においてはまず、その方がどの程度の頻度で、どのくらいの宿泊単価の宿に宿泊をしているか、ということが非常に大きな問題です。
宿泊経験が浅いほど、高単価旅館とごく普通の単価の旅館を平気で比べられます。

それと訪れたときのシーズンと言うものもあります。
前回は鮑が出たのに...というのも、シーズンに寄ります。

食事に関してはまさしく好みですし、
100人いて100人が気に入る食事なんて、
あり得ないと思います。 
味の好みは10人十色。

食事スタイルその他、育った環境によるところが多いと思います。

結婚したら目からうろこなんて事は良くある話ですよね。

一般家庭では蛍光灯の家が多いと思いますが、我が家は白熱灯です。
主人が蛍光灯を嫌うのです。いない部屋は電気が消えています。
夜は、足元灯が灯っています。
最初は暗い家だなと思いましたが、今ではそうでないと落ち着かなくなりました。

紋屋の廊下が暗いと「陰気だ」と時々書かれますが、それも宿泊体験と生活習慣の違いなのではと思うのです。

旅館やホテルでは、あまり明るくしすぎないほうが落ち着いた雰囲気になります。

口コミの評価が良い方が多ければ、
ある程度信用できると今までは思っていらしたでしょうが、
偽業者が悪質な偽評価をネットで上げるとなると、
直接何度か電話をしてみるとか、
実際に泊まった知人の話を聞くとか、
本当に知りたい情報は、ご自分の勘と経験が頼りな気がします。

主観が強い口コミですが、アンケートにしてもクレームにしても、意味不明な思いこみで、恨みがこもっているようなものは、いかがなものでしょうか。
ネットは投稿が簡単な為、尚の事もう少し冷静に投稿していただきたいと切に願います。

先日、紋屋に残ったアンケートで
「女将が名乗りもせず、女将だと分かるだろうという感じが嫌だった。」
と書かれました。


私は、その方の部屋にも食事処にも行っていません。
チェックインのときにお目にかかっただけです。

チェックインのときに、「女将でございます」なんて名乗る人はいません。
まして、女将だと分かって欲しいとも思いません。

意味が分からないだけでなく、非常に不快でした。


紋屋のアンケートは、

『今後皆様により良いおもてなしをするために、
  熱いメッセージをお願いします。』 
となっているのです。

口コミでも同様です。
感じ方はいろいろで、主観ですから何を書くのも自由です。

でもそれを読む方は、どうか惑わされないようになさってください。
結局は、今の時代は正直であるのが一番です。

私も紋屋も正直です。

ご要望ご質問は、直接お問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------

◆素顔の女将◆

家内が事務所で孫をひざに乗せて抱きかかえていた。
その孫に向かって私がいろいろあやしていると、
「ほら憲真、あるじーじ(注:私のこと)見てごらん。面白い顔だねぇ~」
と、孫をあやしてくずした顔をおちょくる。
あのねぇ、あなたに向かって面白い顔をしてるんじゃないからね。(`ヘ´)

(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら