トラブル続きの夏休み
今年は繁忙期前に、草取り・布団干し・食器の在庫確認、それによる補充や補修・エアコンの清掃点検・換気扇の点検・非常灯の点燈確認・部屋の什器備品の破損状況など、かなり力を入れて従業員一同で取り組み、繁忙期を迎えました。何しろ忙しくなると、決まってトラブルが続発するからです。これは予めの準備不足と考え、万全を期したつもりでした。所がふたを開けてみると、やはり機械関係のトラブルが連続して発生してしまいました
機械が気難しいのか、もともと機械というものはそういうものなのか分りませんが、いろいろ取り組んだつもりだったのでがっかりしてしまいました。もともと機械というものの使用頻度とか、期限とか整備の仕方、土地にあった機械かどうかなど、疑うべき問題が山積しているのかもしれません。特にエアコンと水道関係、ボイラー関係の故障、トラブルは実に頻繁に発生します。
私たちからすれば羨ましい限りの高級宿でも、やはり設備屋さんが来ていない日は無いと聞いたことがありますから、もともと機械は壊れるものなのかもしれませんが、お客様商売だと辛いものがあります。
今年の夏はものすごい暑さですし、エアコンが突然故障するともうすっかりお手上げです。満室の日ではたまたまなかったので、部屋移動につぐ部屋移動で乗り切りましたが、ホテルと違って部屋タイプも一部屋一部屋違いますし、人数や部屋条件もあり、ご到着のタイミングで危機一髪ということも、少なくありません。房総はオフシーズンが長いため、夏休みに入って急激に忙しくなり、働く側もその差についていけません。最近は若いスタッフを、派遣会社から繁忙期だけいれていますが、それでもぎりぎりの人数でこなしている状態です。昔からのベテランさんは、みんな腰や足、膝、手首などどこかが痛くなっていて、ハラハラ続きです。
そんな中、従業員同士の喧嘩が発生したりして、そうでなくても頭が痛いのに、連日連夜夜遅くまで面談したりして、「また私は病気になりそう!」と叫びたくなりました。喧嘩までは行かなくても、ちょっとした言葉のすれ違いから、お互いがストレスを溜め込むケースも少なくありません。疲れて忙しい時こそ本来なら相手を思いやれるといいのですが、なかなか難しいですね。そうした小さなことを聞くのは嫌ではありませんが、それなりに気を使うのでゼネラルマネジャーという立場は苦労がつきものです。今夏は害虫駆除(全館消毒)を早めにして、これで安心と思っていたら、次々と虫が進入して大騒ぎになったこともありました。消毒しても外から入ってくる虫、ドアが閉まっていてもほんの隙間から入ってくる虫、それは自然がいっぱいの田舎ではどうしようもない事ですが、夏休みにこの紋屋で過すことを一番の楽しみにしていらっしゃるお客様からすれば、とんでもないことになってしまいます。また、善意から進んで用足しに出かけた従業員が事故に遭い、車はぺちゃんこになりました。幸いにも本人の怪我はたいしたことなく済みましたが、事故の後遺症は後になって出てくることがありますし、安心は出来ません。会社の車はもともとボロだったので廃車にすることにしました。でもまたしてもお金がかかることになりました。以前にも、会社の幹部がこの忙しいお盆の時期に家庭の問題で突然失踪し、しばらく帰ってこなかったことがあります。急なことで人手が足りない中、みんなで「後もう少しだから頑張ろうね。」と励ましあった覚えがあります。忙しい時期になると、急に足を捻挫したり入れ歯を無くしたといって客室係が出来なくなった人もいました。内務係りも年をとって体力の限界を迎えている人も多く、東京に行った息子が、春休みや夏休みだけアルバイトで入ってくれています。みんなの意見から、献立表を作ろうということで、今年からとりあえず直接のお客様だけ私がパソコンで作成しました。夏は滞在が多いので、一泊目の献立と二泊目の献立と両方があり、一日おきに代えていきます。二日目の献立の日でもその日が一泊目のお客様は一泊目の刺身を出すので、結構間違い易く、板場のほうでも最初のうちは焼き物を一日目と間違えて仕入れたりして、なかなか今迄やらなかったことは身につくまでが大変でした。いろんな事件が発生し、その度に処理に追われ、ずっとお休みなしのぶっ続けの疲れたからだに追い討ちをかけることでも、やはり何かしら成長する自分を感じます。苦労をすればそれだけ強い自分になるのですね。
殆どの従業員は、みんな一生懸命働いてくれています。体の疲労と心の疲労との間でミスをなるべく減らそうと努力し、お客様に笑顔を振り撒く。やはりみんな接客の仕事が好きなのですね。本当にありがたいです。そんなみんなに私は感謝するだけではなく、その人が今抱えている悩みや疑問に敏感に気づき、一人一人に合った指導や励ましや、日常の相談に耳を傾けられる女将でありたいと思います。今年は、お料理の評価もサービス面での評価も、自社のアンケートでは比較的高かったように思います。まだ少し夏休みも残っているので、最後まで気を抜かないよう、頑張ります。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
◆素顔の女将◆
明け方、寒くなって目が覚めた。家内が寝室のエアコンを切り忘れたのだった。しかも私の掛け布団は無く、寒かったからだろう、家内が自分の身体に巻き付けていた。このようにarujiは愛されているのです(笑)(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら