旅行社のプラン
皆様は旅行先を選ぶ時、そして宿を選定する時どのようになさっていますか?私の場合は、自分自身が旅行会社を利用する経験が無かった為、いつも自分で雑誌などで調べた上、直接宿に電話して聞きたいことを聞き決めていました。
私は幼い頃、父の出張などで地方へ出かけるときに、いつも家族で一緒に旅行をしていました。その頃を思い出してみると、ほとんど良い旅館には泊まったことが有りませんでした。きっとお金も無かったのでしょうが、両親はその旅館が気にいらないと、「全く○○旅行ったらこんな宿を紹介して」と旅行会社の悪口を言っていました。両親は、何から何まで手配してくれて、自分で探さなくて済むというのが良かったのでしょう。実際、旅行関係に全く知識がなかった私もこの世界に入って、直接申し込んだ場合と旅行会社に頼んだ場合とではどちらが得なのか、聞かれたらどう答えたらいいのか、非常に難しくて悩みました。周りの人に聞けば、どちらでもいいと答えるのが順当だと言います。
今までもこのメルマガの「宿屋の雑学」でも、旅行会社の主催旅行や手配旅行に関する記事をarujiが載せてきました。それを一言ではご説明できませんし、お客様がどちらを選ぶかはやはり私たちが決めることではないのです。もともと、まだ日本人が旅行慣れしなかったころに、団体等のツアーで旅行すれば安心だった。それが旅行会社のはじまりなのです。
最近は何所もホームページを作っているので、自分で宿を探してくる方が増えているように思います。仮に旅行会社経由だとしても、かなりの方がホームページもご覧になっています。その上で、どんなプランがあるか、値段はどうかと見比べるのでしょう。しかし、御年配の方の中には、まだまだ旅行会社に任せっぱなしという方もあります。同じ旅館でもプランによってかなり料理内容も部屋タイプも違いますし、もちろんお値段も変わってきます。ところが料理内容はどうみてもボリュームがあって食べきれないプランを選んでいるのに、来て見て初めて「こんなに量が多くちゃとても食べきれない。私たちはもう年寄りだからね。」とおっしゃるのです。
聞いて見るときちんとプラン内容を旅行会社がご説明していないことが多いようです。紋屋は、どこの旅館にもありがちな量ばかりが多い献立を作っていません。それなのに何も知らないお客様は、量が多いプランではなく、紋屋の食事がもともと多いのだと思ってしまうのです。また、列車などの切符まで手配するタイプのもので、午後3時まで列車がないと大きな間違いを教えた旅行会社もありました。全くいい加減ですね。白浜迎えを館山迎えとご案内したりすることもあります。小さな間違いのようにみえて、実は大変大きな間違いなのです。
こんなこともありました。ここ数ヶ月の間に、ある旅行会社のプランで、同じクレームが2回発生しました。例えば「あったか南房総」という企画だとします。そのなかに、AプランとBプランが存在するとします。よく見ると、Aプランにはイセエビがついて、お飲み物も1本サービスになっています。Bプランには部屋指定しかなく、お料理はイセエビがつきません。しかしそのパンフレットをちょっと見ただけでは、どちらのプランにもイセエビがつくようにしか見えないのです。
旅行会社のパンフレットを皆様はご覧になったことがあると思います。分かり易いものもありますが、ものすごく分かりづらいものもあります。問題はそれだけではないのです。実際そのプランを扱っている旅行会社の窓口に座っている人でさえ、日本国中の多くの宿を全部知っているわけではなく、全部のプランが頭に入っているわけでもないのです。また、多くの街中にある、○○トラベルなどは、自社での仕入れ能力が無い為、大手の旅行会社のコンピューター端末を入れているところもあります。
そういうところは、よけいに各プランについて良く知りません。窓口に座っている女性のほとんどは今は契約社員であり、昔のように何所の土地にも行ったことがある生字引のような方はいないのです。しかも、○×△のアンケート結果だけを見て、お勧めしているのです。
余談ですがそのアンケート結果は必ずしも当てになるものでなく、毎年私たちはその結果に一喜一憂しながら、その結果のいいかげんさに正直な処、憮然とすることも少なくありません。1年に一度くらい、旅行会社の方々を現地視察研修にお連れして、館内をご案内することはあります。しかし、各旅館やホテルをまわるので本当に時間が限られていますし、全国の旅行社の方々にお越しいただける訳でもありません。ひとつひとつの旅館について詳しく知っている方が不思議ですよね。
そうした旅行会社を通してきてくださったお客様も、中には何度目から直接お申し込み頂ける顧客様になっていくこともあるのです。旅行会社を軽視しているのではありません。しかし、旅行会社の企画物の種類は大変多く複雑です。旅行会社に任せておけば安全というのは、少し危険があると思います。紋屋としては旅行会社さんとお付き合いがある以上、各旅行会社のプランを一つ一つかなり勉強していかなければいけません。頻繁にプラン内容は変わりますし、私たちも勉強不足だと痛感します。今後はせっかくお越しになるお客様に不快な思いをさせることが少なくなるように、私共の方でも対策を練って行きたいと思います。
行きたいところを選び、宿を探す。経由は旅行会社からでも結構です。でも是非皆様、ご自分でも宿について調べてみてください。そして私たちも、旅行会社の企画よりもっといいプランを考えたいものです。最低3ヶ月先まで、本来は半年先までのよりよいプランを作り、いつも自社のプランを自信を持ってお勧めできるよう、努力したいと思います。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
◆素顔の女将◆
いろいろなお客様がお越しになるが、いつも良いお客様とは限らない。とても身勝手だったり、お客様の勘違いなのにこちらの話しに全く耳を貸さなかったり......。そんなお客様の話しも書けばと水を向けると、「どんなお客様でもご縁があってわざわざお越しになったのだから、お客様の悪口は書けないわ」と家内は言う。ふ~ん、偉いねぇ~。俗物の私は、腹に据えかねる事がたまにある。今度は『続・古亭主のたわ言』でも書くかぁ~
(by aruji)

ご予約・プラン紹介はこちら