日本人が愛してやまない桜。

この時期に「現れる」、桜花ではないもう一つの「サクラ」をご存知ですか?

食の場でも楽しめる、「さくら会席」をご紹介致します。
  • ほんのり桜色の「サクラダイ」

さくら咲く時期に揚がる真鯛を特に「桜鯛」と呼びます。
この頃に取れるマダイは身が締まり、腹部が赤みを帯びて美しく、
またとても美味しいのです。

日本人が愛してやまない桜とその旬が重なる桜鯛。
そんな桜鯛を使った限定グルメプラン・さくら会席。

春の海の幸をどうぞ!
特典料理
桜花盛り:
  桜の花びらを模した盛り付けの前菜。
  花びらごとに趣の異なる内容でお酒も進みます。

桜鯛のかぶと煮:
  やや濃いめの甘辛味でこっくりと煮つけたかぶと煮。途中で新ごぼうを加えてその香りを鯛に移し、そして新ごぼうに鯛の旨みを吸わせる、鯛のカマと新ごぼうの取り合わせは、“春の出会い”のおいしさです。

夜桜造り:
  お刺身はぼんぼりを乗せて、夜桜見物をイメージしました。


  ・・・など、桜鯛をたっぷりご堪能頂ける和会席です。(全9品)
料金
お一人様料金 (1泊2食・サ込・税別)
平 日/ 13,500円~ 
休前日/ 16,500円~

ご予約・プラン紹介はこちら