月の座会席“Shuhari”(守破離)は、日本料理の教えをりながら、それを打ちるように個性的な特徴を出し、形式や順序かられた新しい提案の、紋屋オリジナル料理コース(ある日の“Shuhari”の一部をご紹介)

2015年8月22日の日経新聞・NIKKEIプラス1でご紹介いただきました。

  • 加熱した石の上に乗せた、
    あわび竜田揚げを
    あわびのキモのソースで


旅館料理の最後の方で揚げ物が出てくると、
「もういいや」ってことありませんでしたか?

まず最初に飲まれることの多いビールには、揚げ物が一番合いますので、
お早目の順番でお出し致します。
  • 金目鯛をハワイの黒塩で
    プチベールとオリーブ添え


正統派のお造りのほかに、

 「金目鯛をハワイの黒塩で プチベールとオリーブ添え」
 「地場産アジのトマト釜 キュウリのドレッシング添え」など、

魚の美味しさをいろいろな形でお楽しみいただきます。
  • 房州産クジラのアラカルト


例えば、地元で特別に漁が認められているクジラ。

房総名物クジラのタレやクジラベーコン・ミンク鯨のネギ巻きなど、
房総クジラの味の広がりをご堪能いただきます。
  • 美酒粕汁


地元銘醸蔵の大吟醸を使った「粕汁とご飯」という和食正統派のお食事
和とエスニックの融合「あわびの葛打ちを乗せたフォー」
グルメ雑誌dancyuで、日本一に選ばれた千葉県の醤油メーカーの造る、
再仕込み醤油を使った「こがし醤油ご飯」
などなど、その時々でお食事のスタイルも変ります。
さて、今回はどんなお食事になるかはお楽しみに。

趣向をこらし和と洋のデザートは、それぞれ日本茶とハーブティーで。

デザートは別腹ですよね?

 料 金
お一人様料金(1泊2食・サ込・税別)
平 日 20,000円~
休前日 22,000円~

●年に数回、内容が全面的に変わります。
  上記ご紹介のお料理は、ある日の献立の一部です。
●個室風ダイニング「月の座」でお召し上がりいただきます。
●お料理は、一品出しの懐石スタイルでのご提供でございます。
●お子様料金はございません。大人の方のみご予約を承ります。

ご予約・プラン紹介はこちら