「ちいき新聞WEB」さんに、紋屋で過ごす
子連れ宿泊体験記をご掲載いただきました!

写真もいっぱいで、ご宿泊イメージが湧きやすいかと思います!

また、サイト内には近隣の観光情報なども、豊富に載っているので、
旅の予定づくりにもオススメです!

ぜひ、御覧ください!

紋屋のarujiが勝手に命名した(^^;)南房総・四大ソフトクリーム!

  * 道の駅とみうら枇杷倶楽部のびわソフトクリーム(地場産びわのピューレ)
  * 白浜フラワーパークの菜の花ソフト(地場産菜の花のハチミツを使用)
  * 館山・木村ピーナッツのピーナッツソフト(地場産ピーナツペースト使用)
  * 館山・中村パン店(通称なかパン)のモカソフト(地元のソウルフード) 

特にびわソフトは、2014年4月発売の女性セブンの「全国 道の駅 うまいもん」の特集で、全国一位になりました。是非ご賞味下さい!

春から夏にかけてのレジャー、潮干狩り。

千葉県の内房地区では、木更津市や富津市で観光潮干狩りが盛ん。
お帰りの時に、潮目が合えば潮干狩りはいかがですか?
近くには、三井アウトレットパーク木更津や巨大入浴施設・竜宮城も。
雨天の時はそちらへどうぞ。

何かと話題のドローンですが、房総半島最南端の空撮画像をご投稿いただいたので、ご紹介します。実際の現地と見比べるのも面白いですね。

南房総は捕鯨文化のある土地柄。鯨食も地元に根付いています。

地元でお勧めのくじら料理店「ぴ~まん」さんでは、くじら各種のお刺身が食べられます。

種類によって色や肉質、食感も様々。
命がけで捕鯨に取り組んできた古人に思いを馳せ、お召し上がり下さい。

全国でも一、二位を争う伊勢海老の産地・千葉県では、8月1日から伊勢海老漁が解禁となりました!

プリプリのお造り・香ばしい鬼殻焼き・コクのあるブイヤベースやさっぱりとしたサラダ仕立て、紋屋オリジナルのオーブンバター焼きなど、楽しみ方も様々。

旬の逸品をご堪能下さい!

ブルーベリーはアメリカ自生の植物種。
初期の開拓者達にとって不可欠な食材だったそうです。

     期間は、6月中旬~8月下旬まで
     料金は、30分食べ放題+1パック摘取り
        大人:1,000円
        小学生:700円

農園にはネットを張ってありますが、鳥害だけでなく、ハクビシン除けでもあるとか。
自然が豊かなところは、外敵も豊かです(^^;)

白浜の海水浴場は、塩浦・名倉・根本の3つがあり(このうち根本はキャンプ場です)
それぞれ海の家から宿への無料送迎もありますし、浜辺は駐車料金がかからないので、自家用車で出かけられてもOKです。(5~8分)

紋屋の前の海辺は岩場ですので、慣れた地元のお子さんや潜水のプロである海女さん向き(笑) 海水浴客には向きません。

その代わり、潮が引いた浜辺での「磯遊び」は、岩浜ならではのもの! 小さな潮溜まりでも、カニやヤドカリ、イソギンチャクなどいろいろな生物を見つけることが出来ます。磯でしかできない体験、お子様といかがですか?


お盆を過ぎると、夏休みも後半戦。暑さにやられてうんざりされている方も多いと思います。そこで、紋屋からの残暑見舞いのプレゼント!

地域限定販売・クラフトチューハイ 南房総レモン付き宿泊プランです。

千葉県南房総エリアの温暖な気候と降り注ぐ太陽の光の下で栽培されたブランドレモン「海と太陽のレモン」をまるごと絞ったストレート混濁果汁を使用。爽やかな香りとまろやかな酸味とともに、コクのある味わいが魅力です。(アルコールが苦手な方には、ソフトドリンク)夏の疲れを、南房総で癒して下さい。

ご予約・プラン紹介はこちら
  • プラン一覧
  • お問い合わせ
  • Q&A
  • アクセス・交通案内
  • 南房総白浜 季粋の宿 紋屋
  • 〒295-0102
    千葉県南房総市白浜町白浜232  TEL:0470-38-3151
    FAX:0470-38-3153