毎年 5~6月に恒例の「蛍ファンタジア」は、里のホタルと海ホタルが同時に観ることのできる人気の発光ショーです。

実は、今まで毎年開催しておりました白浜フラワーパークの大ドームが、去年の台風で壊れてしまった都合もあり、去年で終わりの話もあったのですが、皆様の待望の声にお応えして、少々規模を縮小してですが、今年も開催となりました。

パーク内の金魚草のハウス内で、里の蛍・ゲンジボタルを。
BBQテラスの方で、光る微生物・ウミホタルの発光パフォーマンスをご覧いただけます。

開催日程は、5/31~6/23の毎週 金・土・日曜日。
夜 20:00~21:00 までのイベントです。


開催日にご宿泊のお客様には、入場料も無料です!


「ちいき新聞WEB」さんに、紋屋で過ごす
子連れ宿泊体験記をご掲載いただきました!

写真もいっぱいで、ご宿泊イメージが湧きやすいかと思います!

また、サイト内には近隣の観光情報なども、豊富に載っているので、
旅の予定づくりにもオススメです!

ぜひ、御覧ください!

あじさいと言えば、鎌倉の明月院や箱根のあじさい電車が有名ですが、房総にも「あじさい寺」と呼ばれている日運寺や「真野の大黒さん」として地元の信仰を集める真野寺が見事です。

6月中旬~後半が見ごろで、撮影のお客様で混み合うことも。入場料はかからないので、記念撮影にどうぞ。

紋屋のarujiが勝手に命名した(^^;)南房総・四大ソフトクリーム!

  * 道の駅とみうら枇杷倶楽部のびわソフトクリーム(地場産びわのピューレ)
  * 白浜フラワーパークの菜の花ソフト(地場産菜の花のハチミツを使用)
  * 館山・木村ピーナッツのピーナッツソフト(地場産ピーナツペースト使用)
  * 館山・中村パン店(通称なかパン)のモカソフト(地元のソウルフード) 

特にびわソフトは、2014年4月発売の女性セブンの「全国 道の駅 うまいもん」の特集で、全国一位になりました。是非ご賞味下さい!

春から夏にかけてのレジャー、潮干狩り。

千葉県の内房地区では、木更津市や富津市で観光潮干狩りが盛ん。
お帰りの時に、潮目が合えば潮干狩りはいかがですか?
近くには、三井アウトレットパーク木更津や巨大入浴施設・竜宮城も。
雨天の時はそちらへどうぞ。

何かと話題のドローンですが、房総半島最南端の空撮画像をご投稿いただいたので、ご紹介します。実際の現地と見比べるのも面白いですね。

南房総は捕鯨文化のある土地柄。鯨食も地元に根付いています。

地元でお勧めのくじら料理店「ぴ~まん」さんでは、くじら各種のお刺身が食べられます。

種類によって色や肉質、食感も様々。
命がけで捕鯨に取り組んできた古人に思いを馳せ、お召し上がり下さい。

毎年、初夏の味覚として皇室にも献上される房州びわ。まさにその貴重さから、
果物の宝石とも言えます。

千葉県は、びわの生産高が全国第二位。特に南房総地区がそのほとんどを占めます。
名産地の南房総では、5月から6月にかけて「びわ狩り」がお楽しみいただけます。

初夏の味覚をご堪能下さい。

伝統的な白装束に身を包んだ海女さんが、たいまつを持って夜の海を泳ぐ、
日本で唯一のお祭り。夏の夜を幻想的に彩る夜泳シーンは必見です!

【期間】 7月16日~17日
【内容】
●海女の大夜泳
●花火大会
●盆踊り大会
●竜神と弁財天の繰り広げる絢爛絵巻
●空クジ無し大抽選会 などなど

ブルーベリーはアメリカ自生の植物種。
初期の開拓者達にとって不可欠な食材だったそうです。

     期間は、6月中旬~8月下旬まで
     料金は、30分食べ放題+1パック摘取り
        大人:1,000円
        小学生:700円

農園にはネットを張ってありますが、鳥害だけでなく、ハクビシン除けでもあるとか。
自然が豊かなところは、外敵も豊かです(^^;)

ご予約・プラン紹介はこちら
  • プラン一覧
  • お問い合わせ
  • Q&A
  • アクセス・交通案内
  • 南房総白浜 季粋の宿 紋屋
  • 〒295-0102
    千葉県南房総市白浜町白浜232  TEL:0470-38-3151
    FAX:0470-38-3153