まだまだ設備上至らない所が沢山ございます。

今後少しずつでも改善するよう、つとめて参ります。

現在の至らない点に付いてはご承知置きいただき、

ご理解を賜れば幸甚でございます。


エレベータが
ございません
紋屋の創業は大正8年。もともとは館山駅前の旅館でした。
その後、白浜に進出 し現在に至っています。当初は2階建てでスタートし、離れ3棟、そして4階建 ての建物と増築を重ねました。先代社長は、お客様が雨に濡れずに車から出入り できるよう、一部を吹き抜けにし玄関を造りました。
ところがその構造のため、 エレベーターを新しく設けることができないのです。
 
      本当に申し訳なく思っております。

足のご不自由な方・ご年配のお客様は、予めお申し越し下されば、できる範囲 でお部屋割りを配慮させていただきます。ベッドルームのご用意もございますので、ご希望のお客様はご指定下さいませ。
ただし、お部屋割り如何に関わらず、 大浴場へは階段の上がり下がりが出て参りますので、ご承知置き下さいませ。

駐車場が
狭いのです

白浜は山間部が海に迫っている東西に細長い町です。

その上、平野部は田畑がほとんどで、使える土地がとても少ないのです。
紋屋でも敷地が狭く、駐車スペースはゆったりしている訳ではございません。
敷地内でのお車の移動や駐車の際、ご不便をお感じになる事もあるかも知れません。

     大変心苦しく存じております。

駐車スペースが込み合っている時は、玄関前でお車をお止めいただき、そのまま館内にお入り下さい。係員がお車の移動・駐車を行います。
広くないお風呂も
ございます
紋屋には、庭園の見える「季の湯」・海の見える「光の湯」の2つのお風呂が有ります。
このうち、1階にある「光の湯」は後から造ったため、余り広くはなく、構造上湯船が少々浅いです。

     そこで、2階にある「季の湯」と昼夜で男女別を入れ替えています。
     それぞれ個性の違うお風呂をお楽しみ下さい。

また有料ですが、香りと音楽の流れる貸切風呂もございます。
外観は少し
くたびれてます
紋屋の目の前は雄大な太平洋!
真南を向いた紋屋の3,4階からの眺望は素晴らしいのですが、逆に言うと遮るものがないので、台風の時などは風雨が直撃(>_<) 

そうでなくとも強い風が吹くときは、建物や乗用車が潮でベタベタになります。車はすぐ錆びますし、エアコンの室外機も故障し勝ち。

     同様に建物の外観の傷みも他地域と比べると激しいのです。

こまめに手を入れていけばよいのですが、必要最小限なこと以外、外観は後回しになってしまいます。どうぞその点はご寛容の程、お願い申し上げます。
虫の侵入を
完全には防げません
目の前に広がる大海原、真冬に咲く路地栽培の花々、南房総は素晴らしい自然の中にあります。春には蝶、秋にはトンボが飛び、夏にはときどき館内をカニが散歩していたり(笑)。とんびやサギ、時にはキジも見かけます。

それだけ自然の中にあるので、あまり歓迎されない虫が館内に現れることがあります。

大都会のようにコンクリートとアスファルトだらけだったら虫はいないかもしれませんが、そうなると自然の息吹も感じられない訳で、難しいところです。

見つければ排除したり、定期的に予防消毒を専門業者に委託したりしていますが、人の目が届かない小さな隙間を見つけて侵入してくるので、完全には防ぎようがありません。

(海辺から道路を横断してどこからカニが館内に入ってくるのか、いつも不思議に思っています)

もちろん四六時中侵入して来る訳ではありませんが、
虫が死ぬほど嫌い!という方に絶対出ないとお約束はできません。

ただ、これはどんなに立派で最新の施設であっても、自然の中に建つ施設すべてに言えることなので、100%出ない保証をお求めでしたら、都会以外でのご宿泊はお諦めいただくことになりますが.....。

ご予約・プラン紹介はこちら